ねずみの退治方法とは

subpage1

ねずみは、床下や天井で暴れたり、食品まで荒らす可能性があります。

Reuters情報をまとめてチェックしよう。

放置しておくと、糞や尿、死骸の臭いや細菌が周囲に舞い散り、重大な病気に繋がりかねません。

痕跡を発見したら、早急に退治の準備を始めましょう。

ねずみ退治の方法は大きく分けて2つあります。
それは、自力で駆除するか、駆除業者に頼むかです。
自力で駆除する場合、市販されている退治用品を購入するのがお勧めです。


現在は市販品も多様化しており、様々な種類があります。


毒餌、粘着シート、バネ式の罠が代表的なものです。



効果はそれぞれ違い、確実性や効率性も異なりますが、全体的な費用は抑えることが出来ます。

これは、比較的少ない数に向いている駆除方法です。

しかし、置くタイプのものが主なので、誤って幼児やペットが口に入れたり引っかかってしまわないよう注意が必要です。
駆除業者に頼む場合は、費用は膨らんでしまうことが多いようですが、即効性と確実性があります。

ねずみの数が多く把握しきれていない場合や、家の築年数が古く、侵入口が多くある場合は、駆除業者に頼んだ方が良いでしょう。
退治するだけではなく、侵入口となるような隙間を防ぐ施工をしてくれるため、再びねずみが入り込むことを防止してくれます。

不安な場合は、見積もりを取ってから考えてみるのも良いでしょう。

また、追加料金の有無も確認しましょう。
菌をまき散らす可能性のあるねずみは、放置せずに、早期発見、早期駆除で対策しましょう。



注目情報

subpage2

ねずみ退治の方法ですが、バネ式やかご式・粘着シートなどを選ぶと捕まえたものの後始末に困ります。毒餌も万が一子供が口にしてしまっては大変です。...

next

環境コラム

subpage3

自然の多い場所(例えば裏に薮があったり周囲に田畑が多い地域など)以外の、ごく一般的な住宅地にお住まいでしたらねずみ退治をする場合、一度で片をつけないといけません。その理由は、自然の多い場所の住宅に住む、警戒心の比較的低めのハツカネズミに比べ、市街地のねずみ・クマネズミは警戒心が強く、また学習能力が非常に高い点が挙げられます。...

next

納得の真実

subpage4

ねずみが出現した場合、早急に対策を講じなければなりません。駆除業者に依頼すれば、確実性、即効性を期待できますが費用がいくらかかるかがネックになります。...

next

これからの環境

subpage5

退治に必要なアイテムと方法は、ねずみの種類と活動する場所によって異なってきます。人家などに被害を出すのは大きく分けて、どぶねずみ・くまねずみ・はつかねずみの3種類です。...

next